脱毛情報

脱毛の前と後に気を付けるべきこととは?


背中やお尻のむだ毛は、自分ではなかなか見えない部位なので、むだ毛が生えていても気付かない人も多いです。


周りの人にむだ毛を指摘されて、初めて気付く人もいますが、自分では届かない部位のむだ毛はとても自己処理が難しいです。


無理矢理カミソリなどでむだ毛の自己処理をする人もいますが、自分では手が届かない部位だと、皮膚を出血させる可能性もあるので気をつけてください。周りにむだ毛処理を手伝ってくれる人がいない場合は、脱毛サロンに通いプロにむだ毛処理を任せるといいでしょう。


脱毛の前に知っておきたいこと


脱毛サロンに初めて通う場合は、料金の安さだけでサロンを選ばないことが大事です。料金の安さだけで選んでしまうと、脱毛効果が全然でないので、サロンに通う期間が長くなり、結局費用も高くつくことになります。


予約が取りにくい脱毛サロンも選ばない方がいいでしょう。予約が取りにくいと毛周期にあわせた施術スケジュールを組むことができなくなり、脱毛が完了するのが遅くなってしまいます。


スタッフの態度が良くない脱毛サロンを選ぶと、どうしてもストレスを感じながら通うことになるので、途中で辞めてしまうことになります。返金制度があるかどうかもカウンセリングで確認することが大事です。返金制度がないと、早く脱毛が終わlっても残回数分は返金してくれないので損をしてしまいます。


脱毛サロンで脱毛施術を受ける前は、必ず脱毛部位を自分でシェービングすることになっています。シェービングしていないと、施術を断られたりその部位だけ避けて施術をするので、より脱毛が完了するのが遅くなります。


脱毛サロンによっては、自分でシェービングが難しい部位は、スタッフがシェービングしてくれる所もあるので、カウンセリングの時に確認しておきましょう。脱毛サロンで施術をする前は日焼けは絶対してはいけません。


日焼けをすると、照射した光が日焼けした肌に反応してしまうので、火傷をする危険性があります。日焼けをした場合は、施術を断ることも多いので注意が必要です。


脱毛後に気を付けること



脱毛サロンではレーザーを使用したり光によって脱毛を行うことが多いです。脱毛サロンでは安全な装置を使用していますが脱毛後は肌がとても敏感になっている状態なので様々な事に気を配る必要があります。


脱毛を行ったらすぐに紫外線対策を行います。脱毛後は肌が様々なものに敏感になっているのでたっぷりと日焼け止めを塗るようにします。なお脱毛サロンで行う場合は何回かにわけて施術します。そのたびしっかりと紫外線をブロックするようにします。


この他に行った部分をきちんと冷やします。レーザーや光で脱毛を行うとほてりのような感覚を起こします。軽く日焼けを起こしている状態ですので保冷剤や濡らしたタオルなどで冷やすようにします。また、こたつや床暖房、熱いシャワーや湯船につかるということは避けます。体を温めてしまうといつまでも赤くなっていたり、ひりひりと感じたり、炎症を起こす可能性があります。


脱毛を行って数日たった場合も日焼け止めを使用します。これは肌を守るためでもありますが、肌が焼けて黒くなってしまうとレーザーや光治療の際に効果が現れにくくなります。また次回の脱毛に向けて保湿を行うようにします。これは肌が乾燥しているとレーザーなどの施術でダメージを受けやすくなってしまうからです。特に乾燥しやすい秋から冬やお風呂上りにはクリームなどで保湿を忘れないようにすることが大切です。なお、保湿をきちんと行っておくと脱毛をした際痛みを感じることが少なく炎症ややけどを起こしにくくなります。


脱毛サロンに通っている間は皮膚に使用する塗り薬にも気を配ります。特に抗生物質が含まれているものは炎症を抑えるために使われるため肌の状態を敏感にしています。使用する場合は事前に皮膚科医に脱毛を行っても良いか確認をしておくと安心です。もし使用した場合は最低でも2週間ほどあけるようにし、脱毛サロンで施術する前に抗生物質を使用したことを伝えます。