長崎コラム

砂糖の恐怖!長崎名物・カステラを食べすぎると肌老化を早めるってホント?


長崎のお土産といえば「カステラ」です!!

カステラは、卵と小麦粉、砂糖、水飴を混ぜ合わせた生地をオーブンで焼いたお菓子です。


江戸時代に当時の南蛮(ポルトガル)から伝わった食べ物が元となって作られた日本のお菓子なんです。
カステラって和菓子だったんですね。知らなかったです(笑)


日本のカステラの元祖は長崎の老舗「福砂屋」。
長崎カステラの特長はふんわりしっっとりした生地と、底にザラメが入ってます。


あのザラメが美味しいんですよね☆


私も長崎に行くなら絶対に「福砂屋」さんで買っちゃいます!長崎土産のリクエストももちろん「福砂屋」です!!
最近はチョコレート味や抹茶味、黒糖など色んなバージョンの味が販売されていますが、やっぱり定番が一番美味しいです(*^^*)


カステラに使われているザラメも含め、近年 白砂糖が身体に良くないという情報も飛び交っています。

なぜ砂糖が身体によくないのか??


砂糖を作る工程で、不純物などを取り除くために精製し白くなっていきます。最終的に出来上がった白糖(上白糖・グラニュー糖・ザラメなど)になり、精製の段階で、原料のさとうきびやビートに含まれていたビタミンやミネラルは一切なくなり、人工的な加工物となってしまうそうです。


白砂糖が身体に及ぼす影響は免疫力の低下や虫歯や歯周病、肥満、身体の糖化による早老、血管の病気、肌トラブル、精神的な不調(やる気が起きない・心の落ち込み)などなどを引き起こすと言われているのです。


中でも女性が気になるのは身体の糖化。
身体が糖化する=老化です。


砂糖を摂取すると、体内でたんぱく質とくっつき、加熱されて肌のシミやくすみの原因となってしまいます。また、肌の乾燥やハリや弾力にも影響を及ぼすこともあり、見た目年齢が老けてしまう可能性もあるのです。


肌の乾燥は、シワの原因になったり、体毛を濃くしてしまうなど女性にとって悪いことばかり・・・


健康志向・自然食品思考が強くなってできるだけ摂取しないほうがいいと言われるようになったのです。


とはいっても、甘いもの食べたいですよね。
砂糖を食べてはいけない。と考えたら何を食べていいのがわからなくなり、それがストレスにもなりかねません。


砂糖を完全に断つのではなく、徐々に減らしていく・変わりになる甘味料を見つけるなど、工夫していけばいいのでは?と思います。


と、いうわけでザラメ入りのカステラもたまになら食べても大丈夫!!という自己解釈をしておきます(笑)